航空機内装品向けプラスチック

FAR 25.853試験と難燃性

プラスチックは金属と比べると軽量であるため、燃費削減に貢献できる最適なソリューションです。ただし、プラスチックを航空機内装品に使用する場合、火災発生時の客室と乗客への安全性を確保するため、いくつかの技術要件を満たさなければなりません。FAA(アメリカ連邦航空局)は航空機の防火性を目的に、使用する材料に様々な燃焼試験(FAR 25.853など)を課しています。たとえ熱や炎にさらされてもプラスチックは特定の性能を満たすことを証明しなければなりません。

PEEK、PEI、PPSのような高機能プラスチックは特にフィラーを添加しなくてもそのままで難燃性を示しますが、PAやm-PPEなどのエンプラや汎用プラは、耐熱性が低いため特殊な添加剤を配合しなくては使用できません。
エンズィンガーは航空機内装向けにPAとPPEの難燃性グレードを開発しました。強度や耐熱性が不要な用途では、高価な高機能プラスチックの代替となり低コストのメリットがあります。FAR 25.853の燃焼試験をクリアした新たなグレードは以下になります。

TECAMID 6 FRT natural

難燃性PA6(ポリアミド6)素材です。UL94 V-0認証の原料を使用しています。航空宇宙産業と鉄道産業のFAR 25.853およびEN 45545に準拠しています。

TECAMID 66 GF15 FR black

ガラス繊維配合の難燃性PA66(ポリアミド66)素材です。燃焼試験のFAR 25.853やAITMをクリアしており、航空機内装品に最適です。

TECANYL VH2 black

黒色の難燃性PPE(ポリフェニレンエーテル)素材です。燃焼試験のFAR 25.853やAITMをクリアしており、航空機内装品に最適です。

難燃性の高機能プラスチック

エンズィンガーでは航空機内装品(シート、照明、ギャレー、操縦室など)に使用可能な燃焼試験をクリアした切削加工用素材をご用意しています。豊富なサイズの丸棒、板、パイプ、チューブ形状のほか、個別でカスタムサイズにも対応しています。

垂直燃焼試験(60秒もしくは12秒接炎)を実施しており、追加で発煙性、毒性、ヒートリリース試験も必要に応じて実施しています。広範囲にわたるテスト結果をお客様といつでも共有することができます。お客様の航空機内装品の設計改善や新規開発をサポートします。

航空機のキャビン環境で使用される航空機内装品は、特定の難燃性を満たす必要があります。垂直燃焼性試験は必ず実施されますが、更なる詳細のFST試験(Flammability / Smoke / Toxicity:難燃/発煙/毒性)が必要になる場合もあります。

  • 垂直燃焼試験 60秒もしくは12秒接炎
  • 煙密度 / 発煙性
  • ガス毒性
  • ヒートリリース 
  • 水平燃焼試験 15秒接炎

エンズィンガーでは実際の使用で最も薄いと想定されるサイズにて燃焼試験を実施しています。材料データシートには試験片の厚さや試験情報を記載しています。燃焼試験の証明書に関してはご要望に応じてご注文時に発行しています。

お客様はエンズィンガーの燃焼試験データにより最適な素材を選定でき、また、最終的なFST試験前にデータを参考資料として活用することもできます。ご要望や必要性に応じて追加の試験も行います。(例:追加で厚さを調整した試験片にてテスト)

far 25.853 と jar 25.853

航空機、特に航空機内装品向け材料の要件はさまざまな機関によって規定されています。航空機は2つの規格によって定義されていますが、どちらも極めて類似しています。規格の説明は以下の通りです。
  • アメリカ : FAA(Federal Aviation Administration:アメリカ連邦航空局)により発行されたCFR(Code of Federal Regulations:連邦規則集)のタイトル14の一部であるFAR(Federal Aviation Regulation)
  • ヨーロッパ : EASA (European Aviation Safety Agency:欧州航空安全機関)によって発行されたCS(Certification Specifications:認証仕様)またはJAR(欧州で作成されたFARと同等)
大型の民間航空機については、両方の規格についてセクション/パート「25」でカバーされています。航空機の内装はセクション「853」でカバーされています。したがって、航空機内装品は「FAR 25.853」、「JAR 25.853」、「JAR-25、§25.853」、「FAR Part 25、§25.853」、「14 CFR Part 25.853」、「CS 25.853」を参照することができます。


航空機製造メーカーは更なる安全性を確保するため、独自で燃焼試験規格を制定しています。FST試験に関して上記と同様の内容を含んでいます。

  • BSS(BOEING SAFETY STANDARD :ボーイング安全規格)
  • AITM(AIRBUS INDUSTRIE TEST METHOD:エアバス試験方法)
    ※AITMはAIRBUS DIRECTIVE» ABD0031に収納されています
FAR/CS 25.FAR/CS 25のAppendix Fに様々なテストが記載されています。すべての素材は垂直燃焼試験をクリアしなければなりません。室内天井、壁パネル、仕切り壁、ギャレー、大型キャビネット、客室収納区画などの一部の航空機内装品は、ヒートリリース試験、発煙性、毒性試験もクリアする必要があります。

FAR 25.853とAirbus社、Boeing社の規格対応表

FAR 25.853、AITM (Airbus社規格)、BSS (Boeing社規格)はそれぞれ以下のように対応しています。

試験項目

FAR 25.853 

Airbus社規格
(Airbus ABD 0031)    

Boeing社規格

垂直燃焼試験
60秒接炎

FAR Part 25, § 25.853 (a) ならびに
Appendix F, Part I, para. (a)(1)(i)

 AITM 2.0002A  BSS 7230 F1
垂直燃焼試験
12秒接炎

FAR Part 25, § 25.853 (a) ならびに 
Appendix F, Part I, para. (a)(1)(ii)

 AITM 2.0002B  BSS 7230 F2
水平燃焼試験
15秒接炎   

FAR Part 25, § 25.853 (a) ならびに 
Appendix F, Part I, para. (a)(1) (iv)  

 AITM 2.0003  BSS 7230 F3
 

FAR Part 25, § 25.853 (a) ならびに 
Appendix F, Part I, para. (a)(1) (v)

   BSS 7230 F4
ヒートリリース

FAR Part 25, § 25.853 (d) ならびに 
Appendix F, Part IV

 AITM 2.0006  BSS 7322
 煙密度

FAR Part 25, § 25.853 (d) ならびに 
Appendix F, Part V

 AITM 2.0007A & B  BSS 7238
 ガス毒性 該当なし  AITM 3.0005  BSS 7239