各種食品規格に準拠した素材

近年、「食の安全」に対する関心が高まっています。各国で定める食品安全規格に適合することが重要です。また、食品製造に使われるプラスチックは繰り返し使用されるため、洗浄・殺菌処理への耐性のある高機能なプラスチックが求められます。アルコールなどによる単純な殺菌処理から医療並みの滅菌処理まで、幅広い洗浄方法により高い安全性が求められます。
プラスチックはその軽量さ、加工性、メンテナンスのしやすさから、食肉や魚肉の加工、乳製品、パン類、菓子製品の工場や機械など、さまざまな用途で使用されています。エンズィンガーのプラスチックであれば生産性と安全性を向上させることが可能です。さらに、金属検出機対応プラスチックや目視で検出可能な青色プラスチックを使用し、機能性向上とコスト削減も可能となります。

 

食の安全と樹脂素材への法規制
食の安全を確保する目的で、世界中の国と地域で食品と接する樹脂素材に対する法規制が定められています。以下の規制に準拠しております。また、食品との接触する素材の適正製造基準(GMP)に関するEC 2023/2006など、製品ごとに認証を受けています。

 

  • 食品衛生法(日本)
  • FDA(アメリカ)
  • EC 1935/2004 およびEU 10/2011(ヨーロッパ)

 

食品製造機器等をこれらの国と地域に輸出する際には、輸出先での法規制に適合した材料選定が必要になります。

エンズィンガーはドイツとアメリカに製造拠点を有し、グローバルに切削加工用樹脂素材を提供しています。それぞれの国と地域で定める規制に適合した素材を製造・販売しています。

 

 殺菌処理と滅菌処理

食品工場では、微生物の耐熱温度以上に温度を上昇させて微生物を殺菌する「加熱殺菌」と平行して、薬剤等による「冷殺菌」が広く行われています。加熱殺菌処理する場合はプラスチックの耐熱性が問題となります。一般的には「短期耐熱温度」もしくは「荷重撓み温度」を参考として、材料選定してください。
PET、PC、PBTは、オートクレーブ処理により加水分解が進行し、物性が劣化します。PPホモポリマーであるTECAPRO MT、ポリアセタール(POM)、ウルテム、PPSU、PEEKは耐加水分解性の高い素材です。薬剤を用いる冷殺菌については、耐薬品性を考慮する必要があります。広く用いられる次亜塩素酸ナトリウム水溶液ですが、耐性に優れる素材はポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)といったオレフィン系の樹脂です。ただし、これらの樹脂は耐熱性が低いので加熱殺菌処理を併用することはできません。併用する場合は、PEEK、PPSUが有効です。


エンズィンガー素材のメリット

エンズィンガーは、安全性、トレーサビリティ、製品認証に関する厳しい品質要件と安全性要件を満たすプラスチックを提供します。食品衛生法、FDA、EU 10/2011の規制に準拠した素材です。その他の規制にも対応しています。

エンズィンガーのプラスチックは、食肉や魚肉を加工する機械、乳製品、パン、菓子類など多くのさまざまな食品製造において、生産とスピード、安全性を向上させます。 

軽量化はプラスチックによる金属代替のメリットの1つです。生産スピードと生産効率の向上に貢献します。
金属部品や摺動部品をプラスチックに置き換える場合、潤滑剤が不要になるため、食品がオイルやグリースによる汚染リスクを回することができます。  エンズィンガーは、安全性、トレーサビリティ、製品認証に関する厳しい品質要件、安全性要件を満たすプラスチックを提供します。
金属を洗浄液させる場合、塗装、表面処理、高価な特殊合金などの腐食防止処理が必要です。繰り返しの洗浄、殺菌、滅菌処理に耐性のあるプラスチックであれば、その必要ははありません。エンズィンガーのすべての食品グレードは洗剤・薬剤への耐性があり、安全に繰り返し使用することができます。また、青色素材を使用することで、他の色の素材を使用した場合と比べて、胞子、カビ、食品、残留する洗剤が色のコントラストで見やすくなるため、部品の清潔さを判断しやすくなります。 

食品加工ラインでは破損したプラスチックが混入しないことが重要です。エンズィンガーの青色プラスチックと金属検出機対応プラスチックは、食品製造プロセスの安全性を向上させます。

金属検出機対応
金属検出機対応グレード(IDグレード)は、金属検出機で検出可能な添加剤を配合しています。もちろん食品規格に準拠しています。

優れた視認性

青色プラスチックは、その視認性の高さと製造ラインでの発見しやすさにより、他の色を使用した場合に比べて安全性が向上します。


求められる特性

食品安全性

各国の食品規格:食品衛生法、FDA、EC 1935/2004、EU 10/2011、EC 2023/2006に準拠しています。POM、PA、UHMWPE、PEEKなどが対応しています。

金属検出機対応

金属検出機を備えた食品加工ラインでは、金属検出機対応IDグレード、UDグレード素材を使用することで検出可能です。POM、PAにてご用意しています。

青色素材

高い視認性により製造ラインで食品に混入しても検知しやすく、清潔さも保ちやすいです。青色のPOM:TECAFORM AH blueによる豊富な使用実績があります。

摺動性・耐摩擦性

食品製造には食品の搬送や包装工程があり、食品や金属部品との接触による摺動性や耐摩耗性は重要な特性の1つです。例えば、以下の素材が有効です。

  • 食品との接触:粘着性のある米、小麦粉との優れた離型性を有するUHMWPE
  • 金属部品との接触:耐摩耗性を有するPEEK、ケブラー配合ナイロン 

耐薬品性

食品加工機の洗浄には強い薬品が使用される場合があります。繰り返し使用するため耐薬品性は重要です。次亜塩素酸ナトリウムに耐性のある、PA、UHMWPE、PEEKをご用意しています。

食品製造向け切削加工用プラスチック

エンズィンガーは、厳しい品質要件、安全性、トレーサビリティ、製品認証を確保し、以下のような食品製造向けプラスチックを提供しています。
切削加工用素材以外にも特殊コンパウンドも提供しています。(搬送パレット、結束バンドなど、射出成形にて作製いただけます。)
詳細については、こちらよりご確認いただけます。

特殊コンパウンドのグレード例

  • 青色POM素材:TECACOMP POM blue
  • 金属検出機対応PA素材:TECACOMP PA ID blue
  • 金属検出機対応PP素材:TECACOMP PP ID blue

TECAFORM AH natural

白色のポリアセタール・コポリマー(POM-C)素材です。強度と剛性と硬度が高く、優れた耐薬品性、摺動特性、摩耗特性があります。低い温度帯でも高い結晶化度と優れた靱性を発揮します。

TECAFORM AH blue

青色のポリアセタール・コポリマー(POM-C)素材です。強度と剛性と硬度が高く、優れた耐薬品性、摺動特性、摩耗特性があります。食品衛生法、各種食品規格に準拠しています。

TECAPEEK natural

Victrex® PEEK 450を使用したPEEK素材です。最高峰の熱可塑性プラスチックで、250℃を越える高レベルの耐熱性、強度、耐薬品性など各種特性に優れます。

TECAPEEK ID blue

金属検出機対応の青色PEEK素材です。食品製造ラインに最適です。プラスチックの異物混入を防止します。

採用事例

ニードルブロック

TECAFORM AH blue(青色POM-C素材)

食肉加工用部品

ニードルブロックは、塩、少量の水を用いる食肉保存システムに使用されます。食品の安全性を確保するために、たとえ食品と直接接触しないところでも、食品接触の規制に準拠した素材を使用する必要がありました。食品規格:EU 10/2011に準拠した視認性のよいPOM素材:TECAFORM AH blueが採用されました。

食品向けスクレーパー

TECAFORM AH ID blue(金属検出機対応POM-C素材)

金属検出可能な食肉加工用部品

充填機の容器や漏斗内部で、フードスクレーパーは食肉やソーセージ肉などを収集するため使用されますが、予期せぬ高い応力負荷がかかると破損する場合がありました。金属検出機POM素材:TECAFORM AH ID blueを採用したことで、破損による回収リスクを回避できるようになりました。

製パン機械

TECAFORM AH blue(青色POM-C素材)

高い視認性で安全性向上

Form&Frys社(オランダ)の食品生地成形機にTECAFORM AH(POM-C)が採用されました。鮮やかな青色により、製造する食品生地にプラスチック片が混入した場合でも検知可能となりました。競合他社と差別化するため色によるブランド化もメリットとなりました。

よくあるご質問