PP - Polypropylene

エンズィンガーのTECAFINE PP / TECAPRO

切削加工用素材としてPP樹脂(化学名:ポリプロピレン)の板と丸棒、チューブを製造しています。PPは高純度、低吸水性、電気絶縁性と耐薬品性に優れた結晶性のポリオレフィン系熱可塑性樹脂です。軽量かつ溶接可能な素材でもあります。エンズィンガーでは特殊な医療用PPグレードもご用意しています。

PP樹脂の特徴

  • 優れた耐薬品性
    塩素系洗浄剤など、種々の耐薬品性に優れる
  • 低密度
  • 高純度
  • 低吸水性
  • 応力亀裂が生じない

  • 高い熱膨張性
  • 0℃以下の温度環境で靭性が低く、衝撃に弱い
  • 銅と接触した状態で高温環境に至ると、劣化が促進される

PP素材のグレードバリエーション

切削加工用PP素材の標準グレードと機能性を付加した特殊グレードを販売しています。
  • TECAFINE PP – 標準グレード
  • TECAFINE PP GF30 – 30 %ガラス配合強化グレード
  • TECAPRO MT – 医療用グレード:
    一般的なPP(ポリプロピレンコポリマー)よりも耐熱性が高く切削加工性に優れる。ただし、ガラス転移度は、-18℃と高く、低温衝撃に劣る。

以下の形状でPP素材を販売しています。サイズ情報は各素材ページ内にございます。

TECAPRO MT white

生体適合性の医療用白色PP-H(ホモポリマーポリプロピレン)素材です。24時間以内の生体接触が可能です。オートクレーブ滅菌に対応しています。

PP樹脂の主な使用用途

  • 一般工業:大型の化学装置、下水処理施設、食品輸送用コンテイナー、フィッティング
  • 医療:トレイ、グリップ、マンモグラフィー用圧迫板