PPS - Polyphenylensulfide

エンズィンガーのTECATRON

切削加工用素材としてPPS樹脂(化学名:ポリフェニレンサルファイド)の板と丸棒、チューブを製造しています。PPSは結晶性の熱可塑性樹脂で耐薬品性に非常に優れており、200℃以上の高温環境下でも高い機械強度を維持します。吸水性が低いことに加え、寸法安定性や電気的特性も優れています。市場では一般的に、PPS GF40(40%ガラス繊維配合)の強化グレードが多く使用されています。エンズィンガーでは、標準グレードから特殊グレードまでさまざまな切削加工用素材をご用意しています。

PPS樹脂の特徴

  • 高純度(半導体製造に使用可能)
  • 高い結晶性
  • 優れた電気絶縁性
  • 高い機械強度(引張強度:100MPa)
  • 優れた耐熱性(長期耐熱温度:230℃)
  • 非常に高い耐薬品性
  • 低吸水性
  • クリープ耐性
  • 幅広い温度および湿度環境での寸法安定性

PPS素材のグレードバリエーション

切削加工用PPS素材の標準グレードと機能性を付加した特殊グレードを販売しています。

    以下の形状でPPS素材を販売しています。サイズ情報は各素材ページ内にございます。

    • 丸棒
    • チューブ

    PPS樹脂の主な使用用途

    • 電気・電子:コネクタ、接触レール、断熱材、接触圧ディスク、半導体向け特殊部品
    • 動車:ボンネット内部、燃料・ブレーキシステム
    • 医療:手術器具部品
    • 一般工学:コンプレッサー、ポンプ部品、歯車、バルブ、滑り軸受、チェーンガイド、基板
    • 化学:バルブ、タップ、ブッシング、ポンプ、ノズル、チューブ、ローラー