沿革
Ensinger History
Wilfried Ensinger創業者

半世紀に渡り高機能プラスチックで先端技術に貢献

エンズィンガー・グループの歴史は、小さな家族経営的な企業からグローバルに事業を拡げ、常に現状に満足することなく着実な成長を続けてきました。創業後の早い時期から、製品と製造プロセスの改善を積み重ね、社員の成長を奨励してきました。このような企業風土は、エンズィンガーの大切な基盤として、未来へ引き継がれていきます。

Wilfried Ensingerは、1966年にドイツ、シュバーベン地方の自宅のガレージで、簡単な押出成形機を利用して事業を始めました。20年後には、アメリカ(1986年)、イギリス(1987年)支店を開設し、海外への事業展開をスタートしました。アジアでは、シンガポール(1998年)、日本(1999年)、中国(2002年)支店を設立しました。日本では20年近くにわたって、PEEK、POM、PAなどの押出素材を販売・サポートしてきました。これまでの信頼と実績をもとに、今後も更なるサービスの拡充を図ってまいります。

1966

ウィルフリード・エンズィンガーは、自宅のガレージに押出成形機を設置して、主にPA、POM、PETなどのエンプラを中心に切削加工用のプラスチック丸棒の生産を開始しました。

1977

3年間の研究開発を経して、エンズィンガーグループは、世界初のアルミサッシ向けの断熱異形押出製品の生産を開始しました。剛性のあるPA66製により、強度と寸法安定性を実現しました。

1980

世界で初めてPEEK樹脂の押出成形を開始しました。ドイツ南東部カームと初の海外法人として1986年にアメリカ支社を立ち上げました。圧縮成形や真空成形用薄物シートの生産を開始しました。

1987

イギリス法人(ウェールズ)を立ち上げ、続いてイタリア、フランス、スウェーデン、ポーランド、などにも支社を置くことで、ヨーロッパ内での販売体制を拡大しました。

1999

日本支社を立ち上げました。シンガポール、中国、台湾、韓国など、成長著しいアジア市場へ本格的に参入しました。上海では、2007年に切削加工工場を立ち上げました。

2002

クラウス・エンズィンガーが、2代目として経営を開始しました。2002年より、ローランド・レバー博士が共同経営者に加わり、更なる事業分野への参入を開始しました。

2009

ロッテンベルグのエリゲンツィンゲンに新しい射出成型工場を立ち上げました。自動車や医療向けの精密部品の製造が可能となり、切削加工とあわせて成形サービスの幅を拡大しました。

2009

生産能力と倉庫機能の拡張のため、本社ニュフリンゲンに新しい建物を増築しました。研究開発への投資も増強することで、更なる革新技術にチャレンジしています。