防爆性・ATEX準拠プラスチック

防爆性が必要とされる場合、または危険な素材や製品とともに使用される場合、ATEX指令 (防爆指令)に準拠したエンズィンガーの素材であれば、着火源となる静電気の放電による爆発の可能性を低減することができます。近年、半導体・電子産業、化学・食品技術で必要とされることが多くなっています。


ATEX素材に要求される用途

  • 爆発物の処理及び取り扱いが必要な場合
  • 着火点が低い高比表面積の粉体(小麦粉、粉塵)の処理
  • 一部のプラスチック製造プロセスなど、爆発性の粉塵を生じる可能性のある化学物質の処理
  • 切削処理時に出る帯電した切り粉の発生(爆発性雰囲気の発生のおそれや高電圧点火スパークの発生を回避)

 
EUのATEX指令は危険性のある環境での素材と製品の安全な使用を実現するために導入されました。ATEXはフランス語の「Atmosphère EXplosible」(爆発性雰囲気)に由来します。現在、ATEX指令は防爆分野における2つのEUガイドラインを含んでいます。2つのガイドラインとは、ATEX機器指令94/9/EGとATEXガイドラインGuideline 1999/92/ECです。

 

ATEX素材に要求される仕様

  • 自己発火を防ぐため、導電性であること
  • 可燃性の溶剤、伸縮剤、または気化性添加物を含まないこと

エンズィンガーはデバイスメーカーではなく素材メーカーであるため、最終製品に対して直接、証明書を発行することはできません。しかし、お客様の最終製品のATEX認証取得をサポートするため、素材のデータシートと材料証明書を発行しています。エンズィンガーのATEX素材は効果的な防爆機能を発揮しますが、実際にお客様の製造プロセスや設備において使用できるか、認証前にテストしていただく必要があります。

 

エンズィンガーのATEX素材例

  • ELSグレード(導電性グレード) 102-4Ωの表面抵抗値、体積抵抗値
  • 抵抗値が109Ω以下の素材
  • 可燃性でないUL94 V-0の高機能プラスチック
  • 可燃性添加物を含まない素材

防爆性・ATEX準拠プラスチック

ATEXに対した導電性素材を提供します。


TECAFORM AH ELS black

カーボンナノチューブを配合した導電性POM-C素材です。半導体、電気・電子用途に最適です。カーボンナノチューブを少量添加しており、高い導電性を実現しています。

TECAPEEK ELS nano black

カーボンナノチューブを配合した導電性PEEK素材です。半導体、電気・電子用途に最適です。