プラスチックの特性と材料選定

さまざまな産業分野で高機能プラスチックは使用できますが、必要となる機能性、安全性、耐久性を達成するためには、プラスチックの特性をよく理解する必要があります。特に耐熱性、機械特性、耐薬品性などは重要です。最終的に、使用用途(アプリケーション)や使用環境や条件など、多くの点を把握することで最適な素材を選定することができます。


材料選定の具体的な方法

最適な素材を選定するには、たとえば、 

 

  • 使用方法(例:静的か動的か。周速:m/sの回転など。)
  • 使用温度と時間 (例:100℃以上で200時間以上)
  • 部品形状
  • 機械的負荷 (例:50MPaの圧縮負荷)
  • 使用薬品 (例:30%塩酸で10時間)
  • 紫外線への曝露など外的要因の有無
  • その他の使用環境

など、できる限り多くの条件を確認する必要があります。 

 

 

材料選定ツール


プラスチックの物性を詳細に比較できるツールです。使用条件を指定したりスペックを入力することで、スーパーエンプラから汎用プラにおよぶ100種類以上の幅広いグレード郡の中から、最適なプラスチックを検索できます。(特殊な条件での使用、コスト、入手性なども含めたご相談については、直接ご連絡ください。)

 

使用方法
左側のフィルターオプションから項目を選択すると、それにマッチした素材が表示されます。なお、材料選定ツールは参考ガイドであり、お客様の実際の試験を代替したり、仕様を完全に網羅するものではありません。 


エンズィンガーのTECAPEEKの特徴
エンズィンガーのTECAPEEKの特徴

比較ツール

材料選定ツール内の豊富なグレード郡から、選択的に素材を比較することができます。1ページで1度に4つ(最大8つまで)の異なるプラスチックと各物性項目を表示することができます。ツールをアクティブ化するには、「比較」ボタンをクリックしてください。この機能は各素材ページでも使用できます。

テクニカルアドバイス

材料選定ツールとあわせて、エンズィンガーのテクニカルスタッフがサポートします。材料選定以外にも、加工性、法規制、その他の要件についてもご相談いただけます。豊富な経験と幅広い専門知識により、お客様の製品開発の初期段階からお手伝いできます。いつでもアドバイスをご提供できますので、お気軽にお問い合わせください。


【お問い合わせ・ご相談先】


要求される各種特性

プラスチックの物性項目は多いため、材料選定する際にどの項目を確認すべきかわからない場合があります。以下のセクションでは、各物性項目の概要を説明しています。